banner

どれにする?がん保険の種類

がん保険への加入を検討している際に考えることとして、保険の種類があげられます。
一口に保険と言っても豊富な種類が販売されているため、それぞれの違い、メリットやデメリットを把握する事が必要です。

まずはじめに確認して起きたいことが保険期間です。
別の医療保険と同様に定期型や終身型が用意されていますが、がんを対象とする保険に関しては、定期型の場合60歳を越えると価格が跳ね上がるため、安く済ませたい場合には60歳まで更新型で契約するのが良いです。

また、がん保険を検討するのにおいて重要となるのが給付金についてです。
給付金が支給される回数や条件、金額は見落とせないポイントです。
給付金の中には支払い回数が1回、あるいは何度でも受け取れるという条件がありますので、受け取れる回数が多い方が安心出来ます。

また、給付金の額については、入院給付金が日額1万円や2万円と設けられている事があります。
給付金を3万円などにする事も可能ではありますが、がんは他の病気と比較して入院期間が長期にわたるということは少ないため、給付金については細かく気にしすぎなくても問題がないと言えます。

ほかにも、通院給付金や抗がん剤など、あらゆる給付金についてやサポートについても事前にチェックすることが大切です。

Copyright©2017【本当に必要?がん保険】 All Rights reserved.